【最新】ツアーコンダクターの求人情報

スポンサードリンク

ツアーコンダクターになるには

国内のツアー旅行でツアーコンダクターの業務を行うためには、国内旅程管理主任者という資格が必要です。さらに、海外のツアー旅行でツアーコンダクターの業務を行うためには、総合旅程管理主任者という資格も必要になります。一般には、この2つがツアーコンダクターの業務を行うために必要な資格となります。  それぞれの資格の習得方法として、まずは添乗員派遣登録会社へ登録する必要があります。そこで基礎研修(2日間)を受講し修了テストに合格すると「国内旅程管理主任者」の資格を取得することができます。(国内のツアー旅行はこれでOK)  その後さらに指定研修(4日間)を受け、試験に合格すると「総合旅程管理主任者」の資格を取得することができます。(これで海外ツアー旅行もOK)
 それぞれの研修や試験を受験するために特別に必要な条件というものはなく、テスト自体はそれほど難しくはありません。(合格率は70%程度)ただし研修内容は意外とハードなので、心してかかった方が良いかもしれません。また、添乗員派遣登録会社に登録する際には英語と日本語それぞれで筆記試験および面接が実施されるので、英語に関しても英検2級程度の語学力が必要となります。